ご挨拶

ゴン太ブログを訪れてくださる皆様へ

ゴン太が我が家にやってきた2003年から始まった「ゴン太のわがまま日記」は、早いもので今年で12年目を迎えました。
私にとって、大切な心のオアシスだった「ゴン太劇場」ですが、
本日2015年6月30日をもって幕引きとさせて頂くことをご報告申し上げます。

飽き性で、3日坊主の私がこんなに長い間書き続けてこられたのは
この辺境ブログに手を運んで下さった皆様のお陰だと思っております。

ただただ、ゴン太の何気ない日常を書き記してきた日記ですが、愛犬をネタに、
多くの方と同じ時間を過ごし、色々なお話をすることが出来ました。
愛犬自慢にはじまり、愛犬の武勇伝、失敗談、病、そして老犬介護と
話題は多岐に渡り、その都度、共に笑い、悩み、喜んだこと、
かけて頂いた励ましの言葉や、アドバイス、応援
そして、ゴン太とのお別れの際には共に悲しみ、優しく寄り添って下さったこと。
どれも忘れえぬ思い出です。

犬との暮らしが初めてだった私が、こんな素敵な世界があるんだということを知り、
秋田犬と暮らす楽しさ、面白さ、大変さも知りました。
すべてが良き思い出となり、それがどんなにか素晴らしく、かけがえのない時間だったのかということを・・・
そして、動物達はこんなにも人生を深く、豊かなものにしてくれるものなのですね。

最後になりましたが、人生の同伴者として私達を導いてくれる犬達の日々が、皆様と共に穏やかであることを祈って、挨拶の言葉とさせて頂きます。

皆様、どうぞお元気で
そして長い間お付き合いくださり、本当にありがとうございました。   ゴン太ママ


                                                 
a0187087_11373257.jpg

[PR]

# by w-akita | 2015-06-30 23:50 | ゴン太の日常 | Comments(35)  

楽園ゴン太へ

元気にしていますか?
そろそろ、そちらの生活には慣れてきましたか?
こちらは、ゴン太の居ない生活に慣れるにはもう少し時間がかかりそう。
でもね、いつも心にゴン太を感じてるよ。

今日は、ゴン太の12歳のお誕生日だね。

今年のプレゼントは、「ゴン太との思い出」を綴ったビデオだよ。
生まれたときから、楽園にお引越しするまでの約12年間。

今でも昨日のことのように覚えているゴン太との初対面・・・
おしっこまみれでなんとも臭い対面だったね。
こいつら怪しいヤツちゃうんか?って猜疑心いっぱいだったよね。
その後数年経っても、なかなか心を開かなかったね。
ほんと疑い深い性格だったよね。(笑)
ゴン太には、教科書通りの褒め育ては通用しなかったね。
人の心の裏を読んで、いつも何かたくらんでたね。(笑)
散歩中、そりの合わない犬はもちろんのこと、車やバイクにもスタンディングガウガウで突進していって、
俺様犬、ガウガウ王の名を欲しいままにしてたね。
ゴン太との散歩は命がけだったよ(爆)

ビビリでヘタレ大魔王のゴン太。。。
繊細すぎて、お腹すぐに壊してたね。
皮膚のカイカイや腰の痛みで眠れないこともあったね。
この数年間は本当に辛かっただろうけど、皮膚病との戦いがあったからこそ
ゴン太と更に濃厚な関係を築けたのかもしれないね。
嫌いなシャンプー、最後まで良く頑張ったよね。

若い頃あんなにも血気盛んだったゴン太もシニア期を向かえ、犬が変わったように穏やかになって、
いつも寄り添ってくれたね。
甘えてくれたよね。
可愛いお目めでまっすぐに見つめてくれたよね。
身体の自由がきかなくなってきても、最後まで生きることに真摯だったよね。

そして、身をもって、私達に「生病老死」
という人生を教えてくれたよね。

ゴン太が振り回してくれたわがままな日々は、大変だったけど本当に充実していて楽しかったよ。
私達が共にすごした輝く日々に愛と感謝を込めて、「思い出集」を贈ります。

お誕生日おめでとう。

追伸:思ったより長編ビデオになっちゃったから、ヤギミルクでも飲みながらゆっくり見てね。


[PR]

# by w-akita | 2015-06-29 00:01 | ゴン太の日常 | Comments(12)  

犬川柳

a0187087_20314438.jpg

[PR]

# by w-akita | 2015-06-24 22:39 | 犬川柳 | Comments(12)  

ゴン太からの賜り物

ゴン太は最後に私達の為に、「看取り」という最高のプレゼントを贈ってくれました。
あの時、うとうとしてしまった私を起こしてくれたのはゴン太
「もうそろそろ逝くから起きなあかんで・・・」と

とある本でこんな事が書かれてありました。
亡くなるときに最後の呼気を吐く。
吐かれた息を周りにいる人が吸気として吸う。
死者の息をバトンリレーとして、これから生きる人たちは引き継いでいくのだ。
それを「息を引き取る」と言うのだそうです。
a0187087_20231493.jpg

私達もゴン太の「息を引き取り」、これからも前を向いて歩んで行きたいと思います。emoticon-0100-smile.gif
[PR]

# by w-akita | 2015-06-20 09:58 | ゴン太の日常 | Comments(3)  

ラストフライト ⑨

深夜になるにつれて、呼吸状態が更に悪化しはじめ、
無事の着陸を目指すゴン太の機体がガタガタゴトゴトと大きく揺れる中、
ただ、ただ、傍で見守ることしか出来ませんでした。

静まり返った部屋には苦しそうなゴン太の呼吸音しか聞こえません。
時間がとても長く感じられる中、ゴン太に添い寝しながら、又もや、うつらうつらとしてしまった私。
一時間ほど経過したでしょうか・・・

ふと、何かに呼び起こされて目が覚めました。
いけない!、又 眠ってしまった。

ゴン太!!

見ると、先ほどとは違い、今にも消え入りそうに弱い呼吸
ゴン太が敷いていたペットシーツには失禁の跡が・・・

パパを呼び、二人でゴン太を抱き寄せながら、
「ゴン太、ありがとう」この言葉しかありませんでした。
a0187087_20264664.jpg

そして、パパが「ゴン太、もういいよ・・・」と言った瞬間
私達が見守る中、「コトッ」とほんの僅かに聞こえたゴン太の最後の一息は
虚空へと消えてゆきました。

朝の光に包まれたこの神秘的な瞬間を、私達は全身全霊で感じとることが出来ました。

ゴン太のラストフライトは
最終着陸態勢に入って、速度を緩め、衝撃をやわらげながらの見事な着地を遂げました。

11年と327日の秋田犬ゴン太の犬生に敬意を表しつつ、ラストフライトのお話は幕を閉じたいと思います。
長い間のフライト本当にお疲れ様でした。emoticon-0150-handshake.gif

こうやって、最後の数日のことを、今、改めて振り返って書き記すことで、
私自身のセルフヒーリングとなった気が致します。
お付き合いくださいました皆様、本当に有難うございました。emoticon-0100-smile.gif
[PR]

# by w-akita | 2015-06-18 23:58 | ゴン太の日常 | Comments(10)