葬儀の手伝い

a0187087_2192453.jpg

僕の住んでる村は100軒程の家がある。
内、10軒ほどで隣組というものを構成していて、
その隣組の中で葬儀があると、葬儀屋さんではなく、隣組で何から何まで葬儀を仕切るんだ。
つまり村人だけで。。。
葬儀のお手伝いというものは都会でもよくあることだけど、なんとこの辺りはまだ土葬という習慣が残っている。
これが、かなり大変なんだ。

ママがこの村に来たときは、小さい頃に見た「八つ墓村」の世界(古っ)が、まさにここにあるぅ~ってかなりカルチャーショックだったらしいよ。

野辺送り(葬列)は白装束と草履。もちろん素足・・・この寒い時期でも。ひぇぇぇ~~~

隣組の者はお手伝いとして3日間みっちり参加。
パパとママは交代で参加してたけど、二人とも疲労困憊。

しきたりの多い田舎に住んでるからお手伝いはするけど、
葬儀という行事が、亡くなった方を偲ぶというよりは、お坊さんと近所の人の大宴会の場と化していることに憤りを感じるママでしたぁ。

今日はママの愚痴が入ってるね。
まぁ~僕ちゃんは今日もクンクン業務だぁ~~い。
[PR]

by w-akita | 2008-01-22 21:08 | ゴン太の日常 | Comments(0)  

<< 吹雪 大寒 >>