ラストフライト ⑨

深夜になるにつれて、呼吸状態が更に悪化しはじめ、
無事の着陸を目指すゴン太の機体がガタガタゴトゴトと大きく揺れる中、
ただ、ただ、傍で見守ることしか出来ませんでした。

静まり返った部屋には苦しそうなゴン太の呼吸音しか聞こえません。
時間がとても長く感じられる中、ゴン太に添い寝しながら、又もや、うつらうつらとしてしまった私。
一時間ほど経過したでしょうか・・・

ふと、何かに呼び起こされて目が覚めました。
いけない!、又 眠ってしまった。

ゴン太!!

見ると、先ほどとは違い、今にも消え入りそうに弱い呼吸
ゴン太が敷いていたペットシーツには失禁の跡が・・・

パパを呼び、二人でゴン太を抱き寄せながら、
「ゴン太、ありがとう」この言葉しかありませんでした。
a0187087_20264664.jpg

そして、パパが「ゴン太、もういいよ・・・」と言った瞬間
私達が見守る中、「コトッ」とほんの僅かに聞こえたゴン太の最後の一息は
虚空へと消えてゆきました。

朝の光に包まれたこの神秘的な瞬間を、私達は全身全霊で感じとることが出来ました。

ゴン太のラストフライトは
最終着陸態勢に入って、速度を緩め、衝撃をやわらげながらの見事な着地を遂げました。

11年と327日の秋田犬ゴン太の犬生に敬意を表しつつ、ラストフライトのお話は幕を閉じたいと思います。
長い間のフライト本当にお疲れ様でした。051.gif

こうやって、最後の数日のことを、今、改めて振り返って書き記すことで、
私自身のセルフヒーリングとなった気が致します。
お付き合いくださいました皆様、本当に有難うございました。001.gif
[PR]

by w-akita | 2015-06-18 23:58 | ゴン太の日常  

<< ゴン太からの賜り物 ラストフライト ⑧ >>