楽園ゴン太へ

元気にしていますか?
そろそろ、そちらの生活には慣れてきましたか?
こちらは、ゴン太の居ない生活に慣れるにはもう少し時間がかかりそう。
でもね、いつも心にゴン太を感じてるよ。

今日は、ゴン太の12歳のお誕生日だね。

今年のプレゼントは、「ゴン太との思い出」を綴ったビデオだよ。
生まれたときから、楽園にお引越しするまでの約12年間。

今でも昨日のことのように覚えているゴン太との初対面・・・
おしっこまみれでなんとも臭い対面だったね。
こいつら怪しいヤツちゃうんか?って猜疑心いっぱいだったよね。
その後数年経っても、なかなか心を開かなかったね。
ほんと疑い深い性格だったよね。(笑)
ゴン太には、教科書通りの褒め育ては通用しなかったね。
人の心の裏を読んで、いつも何かたくらんでたね。(笑)
散歩中、そりの合わない犬はもちろんのこと、車やバイクにもスタンディングガウガウで突進していって、
俺様犬、ガウガウ王の名を欲しいままにしてたね。
ゴン太との散歩は命がけだったよ(爆)

ビビリでヘタレ大魔王のゴン太。。。
繊細すぎて、お腹すぐに壊してたね。
皮膚のカイカイや腰の痛みで眠れないこともあったね。
この数年間は本当に辛かっただろうけど、皮膚病との戦いがあったからこそ
ゴン太と更に濃厚な関係を築けたのかもしれないね。
嫌いなシャンプー、最後まで良く頑張ったよね。

若い頃あんなにも血気盛んだったゴン太もシニア期を向かえ、犬が変わったように穏やかになって、
いつも寄り添ってくれたね。
甘えてくれたよね。
可愛いお目めでまっすぐに見つめてくれたよね。
身体の自由がきかなくなってきても、最後まで生きることに真摯だったよね。

そして、身をもって、私達に「生病老死」
という人生を教えてくれたよね。

ゴン太が振り回してくれたわがままな日々は、大変だったけど本当に充実していて楽しかったよ。
私達が共にすごした輝く日々に愛と感謝を込めて、「思い出集」を贈ります。

お誕生日おめでとう。

追伸:思ったより長編ビデオになっちゃったから、ヤギミルクでも飲みながらゆっくり見てね。


[PR]

by w-akita | 2015-06-29 00:01 | ゴン太の日常  

<< ご挨拶 犬川柳 >>